● オクターブ越えのアルペジオ練習法

 

右手のお話です。

「らどれふぁらどれ」と、アルペジオで上がっていく。

 

その「らどれふぁ」を、「1 2 3 4」の指で弾きます。

そして次の「ら」に、指くぐりで「1」を持っていく。

 

 

ここで気を付けるコト。

指くぐりをする所、「ふぁ→ら」を切らない。
 飛ばないように気をつけること。

 

「ふぁ」を打鍵する時にはもう、
「1」の指は次の「ら」に、用意されている状態にする。

 

そして、指くぐりをした「ら(1)」の打鍵をする時には、
その次の「どれ」に、「2と3」の指が、
和音として掴める状態に用意されているコトです。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

練習法は、

「らどれふぁ」を、「1234」の指で
和音として弾ける状態にして、弾き始める。

 

「らどれふぁ」までで、一度止める。

止めた時の注意点。

・「1」の指は、次の「ら」へ用意された状態で止めること。

 

 

それが出来るようになったら、次の段階。

 

「らどれふぁラ」と、指くぐりをした「ラ」までで、止める。

止めた時に、次の「どれ」へ
「2と3」の指が、用意された状態になっていることを、確認する。
 (それが出来るまで、繰り返す)

 

それが出来たら、「らどれふぁらどれ」を
続けて弾いてみる。

 

 

この曲に限ったコトではありません。

オクターブを越えるアルペジオの基本練習は
このようにやっていきます。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。