● 半音から全音、微妙な変化から感じるもの

 

これは1回目。

 

そして2回目。

そして、こちらは3回目に登場する

「似たフレーズ」。

 

 

この3回目になると、

右手はちょっと気をつけて弾かないと!

 と、気付くでしょうか。

 

 

それまでは「半音」で動いていたのに、
この3回目だけ、途中に「全音」が入るのです。

それは、右手の和音の上の音だけです。

和音の下の音は「半音」のまま進行。
左手も「半音階」のまま。

 

 

たった一ヶ所、「全音」に音程が変わるだけで、

なんと響きの変わることでしょうか!

 

 

それは どんな響きかしら?

何を感じるかしら?

 

 

その響きの違いを、感じてね。

 

すると、この後に展開/発展して行く事に、
もっと!ワクワク出来るでしょう。

 

 

何かの変化を、うんと感じちゃおう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。