● 細かい動きの中で、メロディを浮き立たせる練習法

 

両手交互に、16分音符を弾いていくフレーズです。

 

その16分音符の中に、
「棒」が上下に付いている音が、あります。

それらの音を繋ぐと、メロディになります。

 

「はい、わかってます」

 

うん、そうね、わかってるよね。

では、あなたが思っているように、
そのメロディは、聴いている人がわかるように
伝わっているかしら?

 

 

このようなフレーズの練習法です。

まず、音符の「棒」が上下に付いているメロディを、
成す音たちだけを、弾いていきましょ。

  えー?それだけ?

と言う前に、やってみましょ。

 

そうすることで、大事なメロディの在り方が
はっきりと理解出来ますよ。

 

もちろん、ただ音を並べるだけじゃ、ないわよ。

それぞれの「音」と「音」が、
どんな「空間」を伝って繋がって行こうとしているのか?

それを感じて、聴いて、ね。

 

音数が多い中にある、シンプルなメロディは、

その音の数に惑わされて、埋もれてしまいやすいのです。

 

シンプルなメロディこそ、

その「間」(スペース)を聴いてね。

 

 

すると、16分音符群を弾いていく中でも、
メロディをどのように弾いていったらいいかが
わかります。

 

このようなフレーズに出会ったら、
是非お試し下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。