● 音階ユニゾンで、大事なコト

 

両手で同時に音階、というフレーズ、
ユニゾンに限らず、3度や6度音程幅で
並行の場合です。

 

ちょっと、大事な、気をつけたいコトがあります。

 

1. 指使いを確定させる

 (弾くたびに違う指使いにならないように)

 

2. 両手のバランスを考える

並行奏のフレーズでは、
いつも、考えたいコトです。

いつも、両手を同じバランスで弾くのではなく、
いろいろ想像して、創造してみましょう。

バランスを変えていくと、
それだけで印象が随分、変わりますよ。

 

 

ちょっと意識してみて下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。