● 和音は、動きのある音を聴く

 

メインの歌は、右手の和音の上の音の動き。

ところが、左手にも歌が隠れています。

左手は8分音符ですが、これを分散和音だと思ってみましょ。

すると、上の音はずっと同じだけれど、
下の音は動きがありますね。
「シーシーラー」。

楽譜を見ても、その音は8分音符だけじゃなくて、
もう一つ「棒」が付いてますね。
4分音符で「シーシーラー」と歌う人の登場です。

この動き、右手の歌の動きと、同じでしょ?

右手は「レーレードー」で、
左手は「シーシーラー」。

同じ音が続いて、二度降りる。

 

「わ!本当だ!だから棒が付いてお知らせしてるんですか?」

  と、大人ちゃん。

 

ほら、ここもそうよ。

右手の和音の中で動いているのは、下の音。
「ミーファーソー」

左手の8分音符を和音化してみましょ。
すると、下の音はずっと「ラ」だけど、
上の音は「ドーレーミー」と、動いていますね。

ほら、右手と同じように、二度ずつ上昇しています。

シンクロね。

 

 

こういう動きは、ちょっと気にして

「聴いて」あげましょ。

 

その響きのバランスを、どうしたら
気持ちいいか?綺麗か?
って、いろいろ弾いてみましょ。

 

自分で気持ちの良い所を探してみましょ。
耳を鍛えるいい訓練になりますよ。

 

 

綺麗な曲ですよねぇ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。