● 音量を落とすためにコントロールする

 

画像3小節目の「p」の前の小節で、
既に「pp」なのだけれど、

そこに至るまでのフレーズのテンションのまま、
ここに入ってしまうと、
とても音量は落とせない。

 

まずは、ここで強弱の指示が変わるという事を、
理解しておく。

 

画像の2小節目では「pp」になっている上で、
3小節目で「p」になる。

それはどうしてそうなるのだろう?

と考えて、そして、

じゃあ、どうやったら(どうコントロールしたら)
そのように出来るか?

 

タイミングや呼吸や、
いろんな事を考えて、
試行錯誤して、
理解して、自分のモノにして欲しい

 と、思います。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク