● トレモロは、エネルギーを下に向けない

 

画像の後半です。

内声の、8分音符の動き、
このようなトレモロは、
頑張らない。

それらの音を弾く指は、
なるべく鍵盤から離さない。
なるべく、鍵盤に寄り添うように、触れておく。
 そうすると、余分な上下運動がなくなります。

 

そして、打鍵する時、
「弾く」と思わない。

打鍵のエネルギーを、下に向けない。

指の付け根、手首、肘、肩などの
関節の意識のエネルギーは、上へ。

 

手首への意識は、手首全体ではなく、
手首の外側でもなく、

 手首の内側に向ける。

 その辺りが、上から吊られているような感覚です。

 

水面をそよそよと、かくように。

 

トレモロは、エネルギーを下に向けない。

 ご参考まで。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。