● 乗り方を、変えてみる

 

この記事も、今朝配信したメールマガジンと、同じタイトルです。

 

この曲の場合、右手の16分音符4音に対して、
左手は8分音符を3音、合わせる、

 と言う感覚を掴むのが、最初の試練だと思います。

 どうして試練だと思うかと言うと、
 私自身、小学生の時の先生に
 「これを合わせるのは難しいのよね」
 と言われた記憶が根を深く張っているから。
 でも、難しい人には難しいし、
 そうじゃない人もいるわけで、
 頭でわかっても感覚に繋がらなかったり、ね。

 

で、その合わせ方についてでは、ありません。

 

 

4対3ですから、ピタッと合う所と、
合わない所(合ったらおかしい所)がありますね。

だから、まずは「合う所」がズレないよう、
そこに「乗って」合わせて弾く練習をするだろうと思います。

 

それでうまい塩梅で合うようになったら
やったね!です。

ただし、問題はココから。

 

「合う所」に乗っていると、
4拍子感覚になりますね。

しかし、この曲は2分の2拍子なのです。
2拍子」なのん。

なら、1小節の中で、4ヶ所も乗りどころがあると
4拍子になってしまうから、まずいですね。

 

だから、まず、ちゃんと2拍子にしましょう。

左手のベース音にだけ乗るような感覚で。

 

 

はい。それが出来たら次です。

次は、乗りどころを更に少なくします。

1小節で1ヶ所、1小節の頭だけにします。

 

 

それが出来たら、もっと長い小節
=1フレーズにする。

 

と言うのを、試みて行くと、
流れが良くなりますよ。

 

 

ちょっと「乗り方」「乗りどころ」を、変えてみると、
また違う世界が見えてきます。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。