● 外側から内側へ動くアルペジオをラクに弾く方法

 

右手も左手も、アルペジオ(分散和音)を、
外側から内側へ弾いていく動きです。

 

同じようで違うような気がする、
何か違和感を感じるのは、
右手と左手の違いかもしれないし、
そうじゃないかも、しれない。

ただ、右手は左手に比べて、
動きのあるフレーズに、
多く当たってきただろうから、
その分、訓練されているかもしれない。

 

 

気付いたコトは、

「4」の指が他の指に比べて、
反応に時間がかかっている、と言うコト。

 

「4」の指は、ちょっと弱いものね。

「5 4 2 1」と言う指遣いで弾く時
(「5 3 2 1」は、幅がツライ)

「5」で打鍵してから「4」が弾きに行く体勢に入る。

まさに「今から弾きますよ」状態。

それを、なくす。
ちょっと動作が多いからね。

 

少し、手を立てるような感じで、

「5」で立たせてそのまま手を
斜め右前、向こう側へちょっとだけ
腕の回転を使うだけで、
もうそこに「4」の指が、
打鍵すべき鍵盤に「4」の指が、いる状態に。

 

そしたら、わざわざ「弾きに行く」必要は、なくて、弾けちゃう。

腕は、外側から前方へ円を描いて、
内側へ回していく。

 

これで、外側から内側へ動くアルペジオは、
ラクに弾けちゃいます♪

 

 

 
 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。