● 跳躍は、移動・準備を素早くする

 

両手ユニゾンで「みれどしラッ」と下降した後、
跳躍します。

 

この時、同じ幅で移動するなら、
大した問題にはならないのかもしれません。

また、跳躍して弾く和音が、
右手も左手も同じ(音程)なら、
掴みやすいだろうと、思います。

 

でも、跳躍する幅は違うし、
左手は「みれどしら」を弾いた手指の感覚のまま、
1オクターブ上がれば良いけれど、
(5度音程の和音「らみ」になりますから)

右手は、オクターブより、少し上がる上に、
次の和音は6度音程「どら」になります。

 

この感覚は、微妙です。

 

左手は、それまで右手が「みれどしら」を
弾いた「そこ」へ上がってくるので、
そこを目安にしておく。

同じ感覚で右手も跳躍すると、ずれます。

 

どちらも、移動は素早く。

ただし、素早くするのは「移動(準備)」であって、
次の和音の打鍵を素早くするのでは、ありません。

 

移動します。
移動したら、次に弾くべき和音の
鍵盤上に指を置く、用意する。
だけどすぐさま打鍵はしない。
そこで、止める感じです。

そして、丁度良い拍のタイミングで
打鍵する。

 

決して、上から手を落とさない。

上から落とすから、外れます。

 

練習方法は、
跳躍して次の和音へ準備をしたら、
弾かずに止める!

 

  です。

跳躍は、移動・準備を素早く!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。