● 手首を使って、しなやかに音を飛ばそう!

 

16分音符で動く「ララミファどっ」「ソソミソしっ」は、

その中に4分音符も混ざり、
二声になっています。
 「ラーーードッ」「ソーーーシッ」

 

とても元気が良くて楽しい曲です。

快活な曲ですから、テンポ良く、
弾いていく(前へ進む)事に
気持ちが行ってしまうでしょうか?

 

それでなくても、ここは
「ララミファどっ」も「ソソミソしっ」も、

弾き始めの音(4分音符でもある音)から、
その次の音は8度下であるにも関わらず、
弾き終わりは、その、8度したの音から見ると、
10度上の音になるのです。

 

「ララミファどっ」だけれど、
メロディは、「ラーーードッ」です。

それがわかって弾いているだけに、
鍵盤に執着してしまいます。
無意識のうちに、です。

 

こんな所では、是非とも、手首を使いましょう。

手首をしなやかに、回転させて、
鍵盤に執着する事なく、
音を良い方向へ、飛ばしてあげましょう。

 

一音目で手を落としたら
(手首のバネを使って、自然に、ちゃんと落とす)
落ちた所で止めず、ギュ〜ん!と、8度下の次の音に向かって、
下から左斜め上へ回転させて、手を上げていく。

そして8度下の「ら」を弾く。

続けて(動きは止まらず手首を使い)、
上へ右斜め向こうへと回しながら、
「ミファ」を弾き、
終わりの音の打鍵で、手を落とさず、
右斜め向こうへ上げて、音を飛ばす。力を抜く。

 

 

手首を自然に使えるようになったら、
ラクに弾けます。

 

手首の使い方の練習方法も、ありますが、
それは、いずれまた。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。