● 拍の感じ方

 

拍がわからなくなっちゃう
(いい加減になっちゃう)度の高いフレーズです。
左手の休符の数が、見事に合いません。

 

拍がいい加減になりやすいものに、
このフレーズと、
同じ作曲家の「エリーゼのために」が、あります。
(幾つ「ミレミレ」弾く?みたいな)

一人二人のお話じゃ、ありません。

まぁ見事に、この曲のレッスン、何人もに
してきましたが、みんな、ここの拍がいい加減〜。

 

彼らは彼らなりに、数えてるんです。

ところが、「数え始め」がズレるとアウト。

 

数えるっていうか、そもそも、
拍を感じてたらわかるんじゃ?

 という自分感覚は置いておき・・・
 人それぞれですからねぇ。

今までも、あの手この手で、
それぞれの生徒たちが体感出来るよう、
教えて来ました。

 

今回の生徒ちゃんは、どうやったら
理解してくれるかな?と思ったのですが・・・

 

 あのねー、2拍子だよね?
 そしたら、フレーズの最初から、
 こうやってカウントして乗っていくでしょ?
 そのまま行ったら、こうなるよ?

とカウントしながら、乗りながら
弾いて見せたら、

あら?一発理解・・・ウォおおおお(拍手!)。

 

みんな、もうちょっと「拍(拍子)」に
関心持とうね。

雰囲気だけで弾いていても、
わかっちゃうんだから。

 

ちゃんと理解して弾いた方が、
気持ちいいよ。

聴いてる方も、安心して聴いていられるよ。

拍の感じ方、そして
体内時計に気をつけたい。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。