● 伸びる音を、聴く

 

楽譜は、「縦」に読んではいけない。
何故なら、音楽とは、常に動いていく、
流れていくものだから。

 

縦割りの音になってしまうと、
流れていかない。
次の音へ繋がっていかない。
 すると、音楽には、ならない。

 

譜読みをする時に、
一度に鳴らす(発音する)音を
縦に読んでしまうと、悲劇は起こる。

 

よく見て。
右手は二声(二人いる)よ。

上声で「れ ソーーファミレ ソーーファミ」と歌う人と、

内声で和音の上の音で「れれどー れれどー」と奏でる人がいる。

 

それを理解していないと、

「れ ソーーファミレ ソーーファミレ」と言う歌は現れず、

「れ そ ど ファミ れ そ ど ファミ」という音の動きが鳴ってしまう。

 

上声の歌を理解したら、
弾く時はいつも、その歌を聴かないとね。

つまり、伸びる音、
「れ ソーーファミ」の「ソーー」を、
その「そ」が伸びゆくのを、
聴き続けないとね。

誰にも、伝わらない。

 

聴く? 聴かない?

意識の持ち方一つです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。