● 流されない

 

どんな場合でも、
もともとの「音符の価値(長さ)=音価」を、
忘れないで欲しい。

例えそこに「リタルダンド」や
「アッチェレランド」などの、
テンポの変化の指示があろうとも。

 

つまり。

この画像の場合なら、
8分音符の並びから、それは
4分音符になり、2分音符になる。
(タイをも、含む。)

 

リタルダンドだという指示がある。
なら、「だんだん遅く」していくわけです。

8分音符から4分音符への移行を、
違和感なく、緩やかに・・・

だからと言って、
緩やかになるはずなのに、
それまでの8分音符2音分=4分音符1個分より、
次の4分音符の音価が短くなるのは、
どうなのだろう?

 

このような、テンポの変化の指示が
あろうとなかろうと、

短い音価の動きから、長い音価へ
移行した時、
拍感は、おかしくなりやすいの。

だから、気をつけましょう。
もちろん、全員がそうなるわけでは、ありませんよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。