● フレーズ終わりのスタッカートを考える

 

こんな短いフレーズ。

フレーズの終わりの音は、
どんなフレーズでも、注意が必要です。

 

そんな中でも、この画像のような場合は、
ちょっと考えてみたいところ。

フレーズの終わりの音には、
「スタッカート」が付いています。

楽譜を丁寧に読む あなたは、
この「スタッカート」を、ちゃんと読み取っています。

 

すると、頭の中は
「スタッカートで終わる」
という事で占められます。

 

 

スタッカートの印を見ると、
まるで条件反射のように
「ポッ」と指が上がってしまう。
(無意識に「跳ねる」という動作に。)

 

スタッカートは、それが付いている音の
そもそもの長さや、
その音に至るまで、どんな風に動いてきたのか?
その次はどうなるのか?

といった、色んな事を考えてみる。

 

「跳ねたら」、どんな風に聴こえるのだろうか?

 と、もう一度、自分が出す音を
 よく聴いてみる。

それでいいのかしら?
不自然じゃ、ないかしら?

 次に向かって、エネルギーは大きくなって行くのかしら?

 

 

さぁ、考えてみましょ。
自分が発する音を、よく聴いてみましょ。

あなたが自分で感じて、考えた事が、
あなたのこれからの音楽を創ります。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。