● 脱!縦の動き!回転させるとラクになる

 

こんな右手の16分音符の動き。

無意識かもしれないけれど、

「指を動かそう」とすると、

1音ずつ、打鍵は縦(上下)の動きになってしまいます。

 

各音の発音は、元気が良いけれど、
各音の主張が激しくなります。
 横の繋がりが、薄くなります。

打鍵の動作も多くなるので、
もしこんな動きが多くなったら、疲れます。

 

 

音は横へ、前へ、
 流れて行くもの。

 

軍隊の行進ではないのでね。

 

せめて、スラー1つの中は、
1つの流れ・1つの動きで。

 

最初の「ミー」打鍵で、
手を落としたら、続く音の方向へ
腕の内側から回転させていけばいい。

「ミーレファミソ」まで、
内側から外側上方向へ。

そこから、円の上の軌道で、
(反時計回りのように)
内側に降りてくる回転で、
「そふぁみれ」をナゾってくる、
 そんな感じ。

 

 

これを体感してもらったら、なんと

「あら!その次の”ドレミレード”が、
 とっても弾きやすくなりました♪」と。

 

それまでの打鍵だと、
地面(鍵盤の底)を
踏みしめているような感じなので
「ドレミレード」を弾くために
「立ち上がる」ような感覚になって、
ちょっと弾きづらさが
 あったのでしょうね。

 

 

腕の回転を使って弾けば、
「そふぁみれ」で降りてきても、
そのまま止まることなく、

また内側から外側へ円を描きながら、
「ドレミレード」と弾けるから、ね。

 

 

「なんかな〜、繋がりが薄い気がするな〜」

と感じたら、縦の動きになっていないか、
見て見ましょ。

回転させてみたらどうかしら?

と、やってみてね。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。