● オクターブの動きも、腕の回転を使う

 

こんな右手のオクターブ和音の動き。
外側の音で、「れーーみど」。

「れ」から「み」へ上がるのに、
その「み」から次は、「ど」へ降りる。

和音の中にも音があって、
それはずっと「そ」。

中の音が同じという事は、
その音を軸にして動けばいいので、
安定しそうです。

しかし、気をつけないと、
その中の音に引っ張られてしまいます。

無意識のうちに、鍵盤に執着してしまうのです。
しがみ付いて しまう。

 

「れーーみ」と隣の鍵盤に移るだけなら
問題には ならないでしょう。

ところが、そこから三度降りなければならない。
しかも、短い音価です。
気持ち 焦ります。
行かねば! に、なります。

だから、ぐいっと引っ張ってしまう。

 

引っ張る、押すなど、
鍵盤に執着して打鍵すると、
音の響きの伸びが失われます。
勿体無いでしょ。

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

 

 

腕の回転を使うのです。

「れ」から「み」に向けて、
内側から外側へと、
下から上へと、円を描くように
腕を回転させながら弾いていきます。

「み」から「ど」へは、そのまま
回転を止めずに、
右上から左側へ円を描いて
降りて行きながら、弾く。

急ぐ必要も、ありません。

 

似たような動きに出会ったら、
是非お試し下さいね。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

使用楽譜はこちらです。

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。