● 先に、準備しておく

 

はじめの二つの和音は、二つとも
打鍵する前に、打鍵すべき鍵盤に
指を準備しておく。
(それぞれの和音を掴む形にしておく)

1つ目から2つ目の和音へは、
それぞれの音がどのように動くのか?を
理解しておく。

 

第3拍の5連符も、5音全てに
打鍵の準備をしておく。
そうして、一息に落として
よどみなく弾いて行く。
決して1音ずつ弾きに行かないように。

 

 

赤色の縦線で前後に分けているけれど、
これは「準備」の話で、
「一息(1フレーズ)」という意味では、
この2小節で一つだ。

一個一個で終わってしまわないように、
なるべく大きく捉える。
呼吸もね。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク