● 和音の動きはグループ分けすると弾きやすくなる

 

 

右手の、和音が動いて行くフレーズ。

始めのうちは良くても、
ポジションを移動して行くと、
どんどん指が外れて行く。
欲しい(弾きたい)音と違う音が鳴ってしまう。

 

指先へ、ちゃんと指令が伝わらないから。
(伝えていないから。
 手の感覚だけで弾いているから、
 ずれていきます。)

 

そんな時は、1つのフレーズを
幾つかにグループ分けすると、
弾きやすく(捉えやすく)なりますよ。

 

このフレーズなら、例えば、
画像にの縦線を入れた所で分ける。

「分ける」とは、
「打鍵を改める」と言うこと。

 

打鍵するための「体勢を改める」のです。

この赤の縦線で分けるのは何故かと言うと。

その赤の縦線の次の和音の、
上の「シ」を外すから。

何故外すか?と言うと、
前二つの和音は「三度音程」の和音ですが、
赤の縦線のあとは、音程が広がります。
「六度音程」になります。

 と言うことは?
  その分、広げなければなりませんね。

「広げる」と言うことはわかっています。
するとね、広げすぎてしまうの。

小さい手の子供なら、
六度は、「少し広げる」と意識します。

でも、小学校高学年くらいになると、
六度は、意識して広げなくても
掴める音程です。

 

だから、広げすぎてしまうのね。

 

それでも、勢いで弾いてしまうなら、
このように、グループ分けして、
打鍵の体勢を改めましょう。

外れなくなりますよ。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。