● 跳躍移動のコツ

 

移動は素早く。

ただし、「準備を素早く」で、
「打鍵」を素早く(急ぐ)では、ありません。

 

次に打鍵する鍵盤への準備を素早くする。

ちゃんと準備してから打鍵する。

 

例えば画像のように、左右交互で打鍵していくなら、

左手打鍵をしたら、その打鍵直後にはもう、
次のところへ移動している。
(右手の打鍵が終わるまで、またない。)

 

離鍵を素早くする。

 

打鍵は上から落とすのではない。

離鍵が素早いから、手が上がる。

 

 

上から落とす打鍵にすると、
外したり、叩くような音を発してしまう。

 

離鍵が遅いと(ゆるいと)、
音の勢いが失われてしまう。

 

ケースバイケース。

この画像の場合は、

跳躍移動は、離鍵と同時=移動を素早く。

 

打鍵を素早くするのではなく、
離鍵を素早くする。

 

 

 なんか、箇条書きみたいになりました。
 覚書、かな。生徒さんと私の。
 まぁ、いつもそうですね。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。