● 同じ音が繰り返される時に気をつけるコト2

 

同じ音が繰り返される時に気をつけるコト1はこちら

 

画像の右手に注目してみましょう。

シーシシーララファファーソ」

同じ音が、繰り返されていますね。

初めの「シーシシー」を見ても、
その3音は、それぞれ意味が違います。

1音目は、「始まりの音」。
2音目は、「次の音に向かって行く音=小さなフレーズの中の”向かい所(山)”に向かって行く音」。
3音目は、「スラーの終わりの音に向かって行く音=終わりに向かう音」。

意味が違うのだから、同じ鍵盤の音だとはいえ、
同じ打鍵の仕方をしていては、
意味の違う音には、なりません。

どう打鍵するか?の前に、
まずは、それらが全て「意味の違う音」である、
という事を、知っておく・理解しておくコトが大事です。

そういう事に、気をかけられるように、
意識を向けられるようにしたい。
それが譜読みを更に深める所(の一つ)。

 

続く「ララ」も、そう。

1音目は、「終わりの音」で、
2音目は、「始まりの音」です。
全く、逆の意味を持つのは、
スラーの付き方を見れば、わかるでしょう。

譜読みの時に気を付けたいのは、
弾く音(鍵盤)だけを読み取らない、ということです。

スラーがどう付いているのか?
表情記号・強弱記号などの付き方が
どうなっているのか?

という関係を、ちゃんと
「横の流れ」で読んで行くコトです。

 

同じように読み取っていくと、
3つめの「ファファー」も、
その2音の違いが見えて来るのではないでしょうか?

 

 

さぁ、こちらも「シーシシー」と、
「シ」が3回繰り返されますが、
1枚目の画像とは、少し意味に変化があります。

 

それを言うのはカンタンですが、
自分で考えるほうが面白いですから、
是非、考えてみて下さいね。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。