● アルペジオは、和音化で捉える

 

こんな左手のアルペジオ(分散和音)の動き。
その動きのパターンが、
何度練習しても覚えられない・・・

 そんな事はありませんか?

こんなアルペジオ伴奏型の練習で有効なのは、
それらの音を「和音化する」練習です。

赤●で囲った音を、
「和音」として一度に取る。

その利点は、

拍頭のバスから、どのようなポジションになるのか?
と言う「形・型」で覚えるのが一つ。

もう一つは、それぞれが、
どのような「響き」になるのか?
と言う聴覚で覚えるもの。

 

なんとなく似てるけど、
なんかどこかが違う。
でも、どこがどうで、いつどう変わる?
って、もう覚えられないの・・・

と言う似たような動きでも、
型と響きのセットで覚えていきましょう。

 

そしてこれを楽譜通りの動きで弾く時に、
気をつけたいのが、動く方向です。

このように、手前に引っ張るように、
鍵盤に寄り添って(這いつくばる?)弾きがちです。

何故かと言うと、弾く音を間違えないように、
正しい音を弾くように、と慎重になるあまり、です。

 

でも、これを続けていると、
腕、痛くなりますよ。

 

だから。。。

このように、鍵盤とてのひらを離すように、
手を向こう側へ、
手の甲が鍵盤の蓋の方へ近づくような感じで、
腕を回転させていきましょう。

そうすると、「ラク」だわ、
「音が自由」になるわ、
お得ですよ。
  お得 って言う言い方も、何ですが。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。