● 跳ねた後に伸ばす音の、扱い方

 

「ミドソッ ミドソッ」と、
  軽快に跳ねる。

「シッレッ」も軽快。

ところが、続く「れ」は4分音符で、
スタッカートはありませんね。

 

ここは「跳ねない」と、気をつけられるのですが、
「跳ねなければ」良いのでしょうか?

 

それまではスタッカートで、
離鍵を「上へ」と言う意識で弾いてきたので、

「跳ねない」となると、
「下へ」と、疑わず。
無意識で弾いてしまいがちな、危険なトコロです。

 

 

打鍵したら、そこはトランポリンだ!

  と、思ってみて♪

だから、跳ねてしまうわけじゃないけれど、
指先から手首から腕全体を
しなやかに立ち上がらせてみてご覧。

 

音を聴いて。

ほら、音が立ち上がって行ったでしょ?

 

聴いたら、わかるよね。
忘れないでね。

どっちの音が、好き?
どっちの音が、いい?
どっちの音が、素敵?

 

跳ねた後に伸ばす音の、扱い方には、
十分に気をつけましょうね。

 

 

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。