● どうやったら歌を途切れさせずに、綺麗にラクに弾けるんだろう?

 

右手のトップ・ライン(メロディ・ライン)の音で言うと、
青い□で囲んでいるところの前から)

「しーらーーそ ふぁそふぁー みふぁそら|しーー…」

これがうまいこと、繋がって聴こえない。
必要な音が聴こえてこない。

なんでだろう? どうしてなんだろ?

考えてみます。

この楽譜は私のものですが、生徒さんは別の版を使っています。

(※ 私はいろんな版を持っています。たまたまこの画像を使っただけですので、
  版に対するご意見はご遠慮願います。)

彼女の版にも、同じ指遣いの指示がありましたが、
彼女はそれとは別の指遣いで弾いていました。
 それは別に構わないコトです。
 弾きやすくて、尚且つ美しく音が出てくれば良いのですから。

人の手の形、指の長さによって、つかみやすさは違うので、
じっくり見てみました。

ちょっと、余計な動きが多い。

音の動きに対して、いっぱい動いているので、せわしない。
だから、音が鳴らなかったり、かすれたりする事も。

余計な(余分な)動きは、勿体無いです。
疲れますし、力を逃さず溜め込みやすいです。

でも、余計な動きが多いとわかったら、
それを減らせば良いのです。

じゃ、どうやったら減らせるのか?を、
レッスンでは一つ一つ見て提示していきます。
私がそれでラクでも、同じ動き・方法が、
必ずしも彼女の手に合うとは限りません。

彼女の手に負担なく、よりラクに弾ける方法
探るのが、レッスンです。

というわけで、まず、私はこう弾く、という指遣いで
弾かせてみました。

前後で共通する音、非常に近い音などは、同じポジションで、
もしくは同じ指で弾けば、動きが少なくて済みます。

ただし、アーティキュレーションが変わるところで
打鍵の仕方を変える、という点を注意する事を忘れない。

「う〜わ〜〜〜♪ めっちゃ弾きやすくなりました!
 何でこんなに変わるんですか?変われるんですか???」

と、ご機嫌で帰って行きました(笑)。ヨシヨシ。
 良かった良かった♪

体の使い方腕の使い方打鍵の仕方
そうですが、指遣いも、弾きやすさを変える
重要な要素の一つです。

弾きにくいまま、弾き続けるのは、
体に良くないですよ。

どうやったらラクに弾けるんだろう?

を探るレッスン、如何ですか?

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。