● 音の伸びを聴くと、効果は連鎖する。

 

ワルツは、左手の動きに気を取られやすい。

飛ぶでしょ。
飛んで戻って来たら、和音を掴まないといけないでしょ。
和音を掴むので必死になるでしょ。

すると、たちまちマーチの出来上がり!

 

じゃあ、どうしたらいいんだろう?

 

メロディをもっと聴いちゃおう!
味わっちゃおう!

この画像のように、メロディで音が伸びる所は、
左手の和音によって、かき消されがちです。

それは、右手の音の伸びを味わっていると、
左手は、丁度良いバランスに抑えられますよ。

「ふぁー あ~ぁ~み」とね。

ここはタイにもなっているので特別ですが、
タイはなくても、どんなに短い音符でも、
その響きの最後まで、
次の音にバトンタッチするギリギリまで
味わってあげると、ステキになりますよ♪

ワルツをマーチにしないために、
音の伸びを聴いちゃおう!味わおう!

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。