● 音量を落としていく時は、どうしたらいいの?

 

フォルテシモで2小節同じ音が続きます。

何だか「誇らしげ」?

「うふ♪ 私を見て!」な感じかしら?

そして次の小節は

突然ピアノになって、デクレッシェンド。

前の小節までのフォルテシモから、
デクレッシェンドなしの、「強弱変化」です。

この急激な強弱の変化は、
どうしたらいいのかしら?

 

ふっ  と身をかがめて隠れるようにする時って、
どんな風かしら?
どんな呼吸かしら?

「ピアノ」にする直前、

ふっ  と身をかがめるような
「息を呑む」ような呼吸をする。

そして「piu p」でデクレッシェンドは、
「息を吐いていく」。

 

続く、ピアノでエスプレシーヴォは左手。

「ピアノ(p)」はこの場合、右手だと思ったらどうかしら?

左手はたっぷりと歌う。
 まるでチェロで弾くように。

 

そしたら、うんとステキになるよ♪
ちょっと試してみてね。

ご参考まで。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。