● 3対4を合わせるリズムのバランスをとるために

 

この画像例のように、右手は8分3連符=1拍に三つ、
対して左手は、16分音符=1拍に四つというリズムを、合わせる。

この「3対4」のリズムは(「2対3」もそうですが)
考えれば考える程、ややこしくなってしまうかも、しれません。
考えるのも、イヤになるかも、しれません。

頭でわかっていても、いざ弾くとなると、
そのバランスをとるのは
あまり易しくないようです。

この画像の場合、左手がメロディです。
この左手だけを聴き続けていると、
右手が3連符ではなくなってしまう事が、
起こりやすいので、注意が必要です。

「み・ど・ら・み・ど・ら」ですが、
「みどらっ・みどらっ」のように
なってしまいがちなのです。

では、どうしたら良くなるのでしょうか?

 

ちょっと、このように聴いてみて下さい。

・1拍目は右手「み・ど・ら・」を聴く。

・2拍目は左手の「らどしら」を聴く。

 

ちょっとした聴き方の違い、視点の違いで、
随分、良くなるものです。

物は試しです。気になったら、是非、お試し下さいね。

もちろん、他の方法もあります。
その方法を集めて集めて、
やらずに「これダメ」と言う時間があったら、
試してみる方が建設的だし、話が早いです。

やってみた上で、うまく行かないなら、
「この方法は、こんな理由で私には向かなかった」と、
理解して片付けられますね。

上達・前進が早い人は、
口を出さず、どんどん試して「やってみる」人です。

 

 

あなたの感性を大事に!
体をラクに使って、楽しくピアノを弾けるお手伝いをしています。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。