● 拍を気持ち良く感じるために、気を付けたいコト

 

オクターブで16分音符で跳躍・・・となると、
無意識のうちに、急いてしまう。

この中で最も大事にしたいのは、
1拍目=各小節の第1音の打鍵(への意識)。

そこをきちんと感じられると、
とても気持ち良く流れていきます。

しかし。

この画像のように、各小節の終わりの16分音符から、
次の小節の頭の音への音程が離れていると、
つい、先の音の打鍵を急いてしまいます。

これは、
「前もって次の音の打鍵を用意する」
  という事とは、違います。

大事なのは、16分音符の最後の音を、
その打鍵を、きちんと聴いてあげる事。

音程が離れているというのは、
簡単な事じゃ、ありません。

例えばね、階段を昇る時。

一段一段昇るのは、普通でしょうか。
足を痛めていないなら、
大変な事ではないかな?と思います。

ところが、一段飛びで上がって行くなら
(階段にもよりますが)
 ちょっとしんどくなる。

二段飛びなら?
三段飛びは?…ハードル、上がりますよね?
 大変になっていきます。

歌もそう。

音程の離れた高さの声を出す時って、
 簡単じゃないですよね?

だからね、ピアノも同じなの。

このように、音程が離れている時(所)は、
そう、やすやすと弾かない。

 というくらいに思って弾いたら丁度いいんです。
  急いてしまう人の場合ね。

ご参考までに。

 

感性を大事に!
体をラクに使って、楽しくピアノを弾けるお手伝いをしています。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。