● 歌の美味しさを想像してみよう!それだけで良いバランスになる!

 

強弱記号が「p」と書かれていたら、
途端に「恐る恐る弾き」に、なってしまいませんか?

この画像のように、「ピアノ」と書かれていても、
右手と左手のバランスは同じではないと、思います。

何故なら、右手が歌だから。
左手はその右手をサポートする、
 引き立ててあげるお役目だから。

だから、意識としては「ピアノ」なのは左手。
右手はもう少し出していい。

だけど、「出す」と思う前にね、

この可愛いメロディ、
どんな風にポップコーンがはじけて
出来てくるんだろう~♪

って、ニオイまで想像しちゃおう!

そうしたらもうね、
お口の中がジュワ~ッてなっちゃって、
 幸せ~なニコニコ顔になっちゃって、

い~いバランスで、素敵に弾けちゃいますよ!

 

いーーっぱい、想像しちゃおうね!

それが、あなたを助けるコト、間違い無し!です♪

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。