● 三度の和音をレガートで弾くために

 

三度和音レガートで弾く
=画像の赤枠内のような所です。

このように、三度の和音が音階で三つ続く場合、

指遣いは以下のようになると思います。
(一つ目の赤枠)

・「1と3」→「2と4」→「3と5」

※ 他の指遣いの場合も、あります。

(二つ目の赤枠はその逆で)

・「3と5」→「2と4」→「1と3」になります。

※ 他の指遣いの場合も、あります。

この場合、一つ目の和音から三つ目の和音まで、
手の動きは「一連」=1アクション、
1つの動きになります。

 

一つ目の和音で、手を落とすように指を沈めていく。

そのまま(沈めたまま)横に回転するように
二つ目の和音を弾く。
(通過するように)

そのまま、やや回転する手が上がるように
三つ目の和音を弾く。
三つ目の和音は、「弾く」と言う動作が
「落ちる」ではなく、「上がる」と感じられると
良いですね。

 

この三つの和音で手の動きは、

「円を描く」ように回転させる感じの、
 「一つの動き」です。

一音ずつ、はっきり指を使わなきゃ!

 と、思わないでね。

無意識のうちに、一つずつ打鍵するたび、
指が鍵盤から離れ、手が浮いてしまうから。

このような時は、手を添えて
動きを体感して頂くのが良いでしょう。
体感して頂くのが一番です。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。