● 16分音符スタッカートは、つま先で軽く走るように。

 

左手の16分音符スタッカート

はずしちゃうかも・・・という無意識のうちの怖さと、

スタッカート!!!と、気張ってしまうと、
重くなりがちです。
 重力を感じます。

(「廊下は走らない!」なんて、言われそうです。)

 

力まない。頑張らない。

 と言うは易し。

 

鍵盤の底まで弾こうとするのを、やめる。

ピアノに、向かって行かない。

 

まるで、つま先で「トットットットッ」と軽く走るように、

「ふんふんふんふん♪」と鼻歌でも歌うように。

リコーダーで、舌先のほんの一点で
すごく短いタンギングをするように。

 

背筋から上腕を自由にしてあげてね。

 

想像してご覧。

あなたが鍵盤を打鍵しようとするのではなく

鍵盤は既に底に沈んでいて、
鍵盤が自ら、あなたの指に触れよう!として、
 上がってくる事を。

 

 

感性を大事に!
体をラクに使って、楽しくピアノを弾けるお手伝いをしています。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。