● 打鍵のポジションを、どこで感じるのか?

 

今日の練習から発見した事。

例えば、速い細かいパッセージが弾きにくい、
うまく打鍵しきれない、

と言う時には、打鍵する高さや方向などの
ポジションを少し変えるだけで、
ビックリするほど弾きやすくなったり
します。

しかし、そのフレーズによって、
(和音で速いパッセージなのか?
単音で速いパッセージなのか?
同音連打なのか?などの違いによって)

どの部位を、どう変えれば良いか?

更には、実際に打鍵する指や甲の高さなどの他に、
意識をどこに置くのか?

それによっても、随分と変わります。

今日はそれを発見出来て、
どの部位に意識を置くと良い塩梅になるのかを、
見つける事が出来ました。
嬉しい!!!

さて、その発見の曲ではありませんが、
今日の練習の一部です。

自宅のピアノと、鍵盤の重さも全然違いますし、
(自宅のピアノより、かなり軽かった)
ちょっとしたニュアンスを変えると、
すぐに音色や響きが変わるので、
面白かったです。

ただし動画は1分程度です。

高音の狂いが激しかったので、
お聴き苦しくなる前まで。

 

 

 

感性を大事に! 体をラクに使って、楽しくピアノを弾けるお手伝いをしています。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。