● どうやったらレガートになるだろう?

 

画像の左手です。

三つの和音にスラーが付いています。

レガートで弾いて欲しいのです。

でも、続く和音は、
同じ指を続けて使う事になります。

すると、どこかにキチンと意識を置かないと、
弾みで全ての指が「上下運動」をしてしまいがちです。

「三つで一つ」のレガートなのですから、
打鍵の意識も、「三つで一つ」です。

1つ目の和音の打鍵で手を落とす。
(落としっぱなしにしない)

その後、手を上げながらの過程で、
2つ目・3つ目の和音を打鍵して行く。

 打鍵して行く、と言うよりは、
 上下への1回転の動きの中で、
 指が鍵盤に「触れるだけ」な、感じです。

動作は一つ、です。

 

さぁ、しかしその前に、
知っておくべき事があります。

指で繋げられる音のラインがあるのかどうか?
あるなら、それはどこにあるのか?

 と言う事です。

「ミーレーミ」が繋がるのか?
「ドーシーシ」が繋がるのか?
「ラーラーソ」が繋がるのか?

或いは、全て繋げる事が可能なのか?

指は、自分のものだけれど、
言い聞かせないと、言う事、聞きません。残念ながら。

「思うように弾けない〜!」

 と言う前に、言い聞かせてますか? と言うところから。

それでもダメなら、それでも方法は一杯あります。

一つ一つ、丁寧に、キチンとさん です。

 

 

感性を大事に!
体をラクに使って、楽しくピアノを弾けるお手伝いをしています。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。