● 指遣いの、意識の置き所を変えてみる

 

アルペジオの、意識の置き所を変えてみる」に通じるコトです。

 

前回はアルペジオでしたが、今回は
「細かい動き」が回転しながら上がっていく右手と

ちょっとした跳躍が繰り返される左手。

左手の動きに、気持ちも目も、
 釘付けになってしまいます。

 動きを感覚(間隔)で覚えられれば良いのですが・・・

左手に釘付けになっていると、
何か弊害があるのでしょうか?

あるんです。
右手が置き去りに・・・
お指の体操になってしまいます。

右手の音が、1音1音にならないよう、
気を使って、指遣いにも気をつけて
練習していても、

何故だか、弾くコトに、必死になってしまいます。
なんだか、ぎこちない。

全ての音を、鍵盤の底まで
しっかり弾く必要は、ない。
鍵盤の底まで打鍵しなくても、
 音は出るからね。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

さて。

この曲は4分の6拍子なので、
4分音符三つで1拍の、2拍子と捉えます。

左手は、1拍で一つの動き(回転)で、
1つ目の和音の打鍵で落として
左方向へ回転させながら、低音のオクターブを弾く。

弾いたら終わりにしないで、
そのまま上がって中音域へ戻ってくる回転で、
次を弾いていく。

右手は、指遣いに捉われすぎないで。
(指遣いをいい加減にしていい、という話ではなく、
 指遣いだけに意識を置きすぎないで。)

右手のグルーピングを、どう捉えているのか?

→ 指くぐりをする「1」を起点にしていました。

 ↓

指遣い・指くぐりは大事だけれど、
グルーピングはまた別のお話。

「1」を起点にすると、
グループがとても不規則な形になるので、
余計、音が多く、凸凹する印象になるのじゃないかしら?

右手はね、半音も混ざる、
とても狭い音域での動きが繰り返されます。

だから、「横滑り」もしくは、
「手の内の中」で弾く、という感覚かもしれません。

それでも、そこにも「回転」を使ってあげると、
もっと自然になるかも?

「1」の指を起点にしないで、
「拍」に合わせてみたら、どうかしら?

「音型」も、「拍」に合ってるでしょ?

右手の1拍(で8分音符6音)の音型を、
体の内側から外側への、一つの「回転」で
弾いてみる。と、どうかしら?

 わ!わ!わー!!!どうして?
 これだけで、こんなに弾きやすくなるなんて!

(彼女はいつもこうやって、ビックリしてくれるのです。)

回転の大きさは違っても、
「拍」単位にすると、
右手と左手で、対象の動きになるから、
それも、体の内側から外側への動きになるから、
弾きやすくなると思います。

この動きで、次第にクレッシェンドするなら、
拍ごと(回転ごと)に、腕の重さを
少しずつ乗せていけばいい。

鍵盤に、ピアノに、
体ごと向かって行かなくても、いい。

 

どうやってみても、なんかギコチナイ、
弾きにくい、と感じているなら、
是非、指遣いや回転の、
意識の置き所を変えてみるコトにトライしてみて下さいね。

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。