● 打鍵する前に、その音を聴く

 

休符の後の、その「どーーー」は、

一体、どんな響きがするのだろう?

どんな響きが、欲しいのだろう??

 

 

音を、出してみてから、

「あれ、こんな音が欲しかったんじゃ、ない」

「あれ?うわ〜ん、ちゃんと鳴らなかった〜!」

「ウォッ、出過ぎた・・・」

    じゃ、なくて。

 

音が出る前に、
発音する前に、
打鍵する前に、
鍵盤に指が触れる前に、

頭の中で、その音の響きを、

自分が欲しい響きを、想像する。

打鍵する前に、その音の響きを、聴くんだよ。

欲しい音の響きを、弾く前に想像する。

 

それだけでいい。
それだけで、いいんだよ。

でもね、意識しないと、出来ないの。

想像する事を、
打鍵する前にその音を想像する事を、
意識しましょ。

 

 

プレ・リッスン(Pre-listen)、
簡単なようで、想像する事に慣れていない人には、
あまり簡単ではありません。

でもね、これもトレーニング次第。
トレーニングを積めば、簡単に出来るようになります。

まず、「わたしは、どんな音の響きが欲しいのか?

 と言う事が、自分の中で明確になっていないと、
 その響きを想像する事は、出来ません。

なんでも、とにかく、想像してみる、
考えてみる、

と言う、自発的行動を、意識してみましょ。

そこにピアノが無くても、

音は聴こえるよ。

 

 

いつも、興味を持って読みに来て下さる事に、
心から感謝申し上げます。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。