● 休符だけの小節で終わる意味

 

画像に写っている初めの小節は、
4分音符一つと、4分休符が二つ。

これで終わってもいいのに、
どうして、もう1小節、休符だけの小節があるのだろう?

考えた事、ありますか?

離鍵しても、
その音の響きの全てが、
一瞬で消え去るわけじゃ、ない。

実際に、響きが消えてしまっても、
まだそこに「余韻」を感じる事は、出来ないかしら?

目に見えないものがあるように、
音は目には見えない。

音は耳で聴く事は出来るけれど、
聴こえなくなる時も、ある。

でも、そこにはまだ、
その響きの「エネルギー」が残っている。

それが、音の「余韻」だと思う。

それを、聴き届けるように、
見届けるように、
最後まで味わってみたい。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。