● 音域移動の軸の置き方を考える

 

こんな音階。

両手で低音域から高音域へと、移動して行きます。

途中で、右手と左手がズレる事、
ありませんか?

ズレるとしたら。

どうしてズレるのか?

「自分の動き」を、いろんな角度から
観て(診て?)、検証してみたでしょうか?

見るべきは、指の動きだけではなく。

上半身はどのように動いているのか?

腰や臀部は動いているのか?
動いているなら、どのように?

両足の、重心バランスは、
どうなっているのか?

音域が動くのに合わせて、
上半身が左側から右側へ動いているとしたら?

常に目の前に手指がある状態だから、
同じ条件で弾ける はず?

でも、腰や臀部、足の状態は、同じではないでしょう?

すると、同じようで、同じじゃない。

軸はどこに置いている、と考えたら(捉えたら)いいのだろう?

もし、自分の中心に軸を置いているなら
上半身が左から右へ移動するのではなく、
腰・臀部の回転を使うとしたら、
どう変化があるだろうか?

その他、
実際に鍵盤に触れている指の動きについては?

何に意識を置いたらいいのだろう?

グルーピングは、どうしたらズレないだろう?

右手と左手、どちらに「より」意識を置いて
聴いたら、ズレないのだろう?

どちらの手がリーダーになったら、いいのだろう?
(ズレを防げるのだろう?)

人によって違いますから、
もし、あなたが「ズレる」なら、
上のような事、そして他にも
考え得る限りの事を、試してみましょうか。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。