● 一つで捉えるなら、動きは一つ

 

この、一つのスラーの中の音たち

「シドミレドど」

これで一つです。

でも、この「シドミレドど」を、
どのように弾こうか(歌おうか、抑揚を付けようか)と
考えると(考え過ぎてしまうと)、

「これで一つだ」という事が、
どこかへ飛んでしまう。

「シドミレドど」の中で、
グルーピングするコトは出来るけれど、
それでも、打鍵はこれら全てで一つ。
打鍵のアクションは、一つです。

自分が「どう歌いたいか(弾きたいか)」という事と、
自分が「実際にどう弾いているのか?」は、
マッチしていない事も、あります。
(それに気付かない)

一つで捉えるなら、動きも一つ」になっているか?

チェックしてみましょうね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!