● 無駄な動きを抑え、効果的な打鍵をしよう!

 

右手のスラーは、8分音符二つずつ。
そして、1音目にはアクセントが付いています。

 

こんな時は

・1音目で手を落として、2音目に向かって回転させていく。

・2音目の打鍵で腕は上がる。

これで「落として(回転させながら)上がる」
という「1アクション」。
「一つの動き」で弾けます。

 

 

左手もそうです。

スラーが付いている音の群れで
「一つの動き」をとりながら、打鍵していく。

「どらみ」で言うなら、

・手を落として1音目「ど」を打鍵。
 
・そのまま(上げずにただ横へ回転する過程で)
 2音目「ら」を打鍵。

・そのままさらに横へ回転し、
 3音目「み」を打鍵で手を上げる。

ここまでで「1アクション」です。

 

そしてまた回転させながら
次のスラーの1音目「し」に落とす。

以下、同じように横へ回転しながら弾いていく。

「どらみ・しら」「しられ・しら」「どらみ・しら」「しられ・しら」

ではなく、

「どらみ」「しらしられ」「しらどらみ」「しらしられ」

と捉えてみましょう。(打鍵のグルーピング)

 

是非、お試し下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。