● それぞれの音が、引っ張り合う感覚を持つ

 

右手の内声、

「ふぁーしーどーれー|みーれみれーどー|・・・」

「れみ」が8分音符ですね。

そして、左手はずっと8分音符です。

このような場合、ちょっとだけ意識を
8分音符の音たちに置いてあげると、
素敵になりますよ。

 

それは、8分音符それぞれの音と音が、

「引っ張り合っている」

 という感覚を持って弾くコト。

 

言い方を変えれば、

「それぞれの音の響きを、十分に味わって弾く」

 というコト。

 

 

右手の8分音符「れみ」は、「れ~み~」と味わいたい。

しかし、味わずに弾くと、

「れみー」と、前のめりのような感覚になりがち。

左手もそうです。

極端に言えば、
「ししーれしーみしーふぁしー」。

 

ほんの少しの気づかいをするだけで、
更に素敵になりますよ♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

Please follow and like us:
無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!