● 2音間スラーは、動きも呼吸も一つ

 

今日は、左手のお話。

4分休符を受けて、単音「れ」から
オクターブ「そ」へ。
その繰り返し。

オクターブ「そ」は、拍頭ではありますが、
ちょっとだけ、気をつけたらいいな、
と思う事があります。

それは、これは「2音間スラー」である、と言う事。

2音間スラーの打鍵は、
1音目で落として2音目で上げる、

と言う「2音で一つの動き」の打鍵をするのが、基本です。

一つの動き、ですよ。

一つのスラーで、「繋げて弾く」と言う意識は、
きっと、あるでしょう。

でも。
1音目「単音ど」で落として、
2音目「オクターブそ」で、
もう一回、落として弾いていませんか?

もし、そうだとすると、それは
動きは「二つ」に、なっているんですよ。

単音の「ど」を弾いた時点で、
手は鍵盤に「しがみついて」踏ん張ってしまいます。

そうして、そこからもう一度、
よいしょ!とばかりに、オクターブの「そ」を
打鍵してしまいます。

押し込み型の打鍵、とでも言いましょうか。

 

動きは少なければ少ない方が、
打鍵への労力が減り、ラクに弾けるようになります。

動きは一つ

呼吸も、一つです。

4分休符で「吸って」、
打鍵で「吐く」。

動きと呼吸は一緒です。

是非、意識してみて下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。