● 楽譜を読み解く。どこに意識を置くのか?

 

さぁて、このような楽譜は、
どうやって読んだらいいんだろう?

どうやって理解・練習したら、いいのだろう?

全ては、楽譜に書いてあります。
楽譜って、パズルみたい。

 

これは「追いかけっこ」になっています。

それはわかると思うのです。
だけど、弾いている(練習している)うちに、
どっち(右手か左手か)を聴いたら良いのか?
どっちが、より重要なのか?

わからなくなりガチなフレーズの、例です。

でもね、楽譜は教えてくれています。

その始まりは、左手なのです。

 

2拍目の、手の16分音符6つを見てみましょう。

そこの第1音と第4音は、上にも棒が伸びていて、
8分音符にもなっていますよね。

 ここ、二声になっている、という事が見てとれます。

「れーーどーー」という。

すると、第3拍では手の16分音符6つも、
同じように第1音と第4音には上に棒が伸びていて、
8分音符になっています。

やはり、「れーーどーー」です。

これは、左手がリードしている「レース」です。

追いかけてるのよ~~!
逃げてるのよ~~~!

 

ほらほら、追いかけっこ、やったでしょ?子供の頃。

必死で逃げて~!
必死で追いかけて~~~!

そんな事を、感じてみましょ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。