● 何が「メロディ」か?を知る練習法

 

右手です。

音符の上下に「棒」が付いている音が
ありますよ。

普通は、音符の上か下か、
どちらかに「棒」が付きます。

しかし、このように上にも下にも「棒」が付いている場合は、

「音楽を奏でる人は、一人ではない」
もしくは、
「歌が混ざっている(隠れている?)」事を、表しています。

 

このフレーズでは、

・音符の上に棒が伸びて「8分音符」で書かれているソプラノの歌

・音符の下に棒が伸びて「16分音符」で書かれているアルト(内声)、
 ハーモニーを作っている動き

この二つが、一緒になっています。

 

つまり、「二声」になっています。

書かれている通りに、横に一音ずつ譜読みをして
右手で弾いてしまうと、

一体、何を弾いているのか、
わからないままに、なりがちです。

 

このような時は、
8分音符で書かれている音の繋がりと、
16分音符で書かれている音達を、
分けて弾く練習をしてみると、良いですよ。

長い音価の音の繋がり、
この場合は8分音符のラインを
弾いてみると、どんな歌なのか、
見えてきます。

 

 

と、8分音符だけの音の繋がりを弾いてもらったら、

「あ!そうそう!この曲でした!
 わたし、これを弾いてたんですね!」

目が輝きました☆
わかってもらえて良かったです。

 

そう、全て右手で弾くものだから、と、
いつも全部を弾いてしまわないで、

時に、分けて弾く練習をしてみましょうね。

そうすることで、歌のあり方も分かるし、
メロディとハーモニーのバランス
どうしたらいいのか?も、考えられますよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。