● 音楽の「流れ」を生み出す方法

 

音楽とは、流れゆくもの。

意図して「止める」場合もあるけれど、
大抵の場合は、常に流れゆくもの。

画像の場合です。

16分6連符を、1拍に「入れよう」と思うと、
2拍目の4分音符に「辿り着いた」時、
動きが止まりがちです。

安心するのでしょうか?
やれやれと思ってしまうのかも、しれませんね。

 

しかし、フレーズは1小節ごと、では ありません。
続いているのです。

2拍目の4分音符は「テヌート」ですが、
それは「動きを止める」という意味ではありません。

音楽用語的には「その音を十分に保って」でしょう。

「大事に聴いてね」と捉えて欲しいな、と思っています。

 

 

この画像の2拍目の4分音符を打鍵したら、
それまでの16分3連符を弾いてきた流れを止めず、
あなたの腕は「円を描く」ようにして、
次の音の位置に向かって行く。

この画像は、1枚目の画像の続きですが、
こちらの場合も同じです。

この画像の1~2小節で駆け上った後。

8分休符では、それまでの「余韻」を聴きつつ、
腕は次の音の場所へ、
やはり、円を描くようにして「用意」に行く。

 

音楽の「流れ」を生み出すには、
 動きを止めないことです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。 香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。 ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。
メルマガ購読・解除