● 何を感じて歌ったらいいのだろう?

 

この曲に限った事ではありません。

最近、この質問や、お悩みを寄せられたり
レッスンで聞かれたり、

また、特にこの悩みがあったわけじゃないけれど、
紐解いていくと、
ここを理解出来たら、
もっと素敵になるよ、っていうシンクロが続いているので、
一例として、読み流して下さいね。

 

楽譜への「指示」は、そんなにありません。
多くないですよね。

スラーの付き方に合わせて
小さなクレッシェンドとデクレッシェンドがあるだけ。

強弱記号は初めに「ピアノ(p)」があるだけ。

じゃあ、「ピアノ」の中での、
小さな変化を繰り返すだけなのでしょうか?

そんな時に、感じたい、見たいのは、
響きの違い(変化)」です。

1回目と2回目の、上のラインは、
どちらも

「ミーファーミー」ですが、

ハーモニーは変化しています。

1回目は「ド」ですが、
2回目は「ド#」に。

半音上がるだけ、?

そのわずかに半音上がるのが、
響きに大きな変化をもたらしている事を、
 感じたい。

「ド」が「ド#」になる、
その音の響きから感じられる事は、何かしら?

響きの違いは、どんなものなのか?

感情に変化があるのか?
空気感に変化はあるのか?

何か、「あなた」が感じる事が出来る
感覚機能で、その違いを味わって欲しいな、と思います。

 

もし、歌うなら。

1回目の「ミーファーミ」と
2回目の「ミーファーミ」は、
響きを抜きにすれば、同じかもしれないけれど、

3回目は「ミーシーラーソー・・・」と、
フレーズが長くなる。

すると、歌うなら、
呼吸もコントロールしなければ、
歌いきれないよね。

どうして長くなるんだろう?
どうして変化するんだろう?

まず、感じたい。
感じる事を、大事にしたい。

感じる事があるなら、
それを表す事を、躊躇しないで
まずは、表して欲しい。

 

是非、感じる事を、ためらわないでね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク