● オクターブの動きは、頑張らない

 

この曲の、左手オクターブにはホント、
泣かされると思います。

これは、まだ序盤です。

しかし中間部には、
ごっついオクターブ・フレーズが待ち受けています。

ここで「シニソー!」になっている場合では
ありません。

特にね、自分の身体の外側から、
身体の中心へ腕を移動させてくる

  というのは、苦しくなりがちです。

息も止まりがちです。

 

逆に、自分の身体の中心から外側へ
腕を出すのは、ラクなのです。

だから、音域移動が繰り返される場合は、
その音の捉え方・グルーピングを、
内側から外側へと捉えたり、します。

しかし、この場合は一方向なので・・・

このように、腕を外側から自分の中心へと
持ってこなければならない時は、

まるで鼻息でも歌うように、
息を少しずつ吐いていく。

小刻みに。

「ふーっふっふっふっふっふっふっふー」と。

そして注意事項。

脇が閉まらないように。

脇の下に「拳一つ分」もしくは
「スーパーボール1個分」の感覚をイメージしてね。

 

 

頑張らないでね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。