● 「閉じて開く」動きに気をつける

 

画像の右手、
1小節目第2拍の16分音符は、
手の形が「閉じていく」動きです。

ところが2小節目の第1音では、
閉じてきた手を
「開く」コトになります。

 

「閉じて」→「開く」

という動きになる時は、
「開く(広げる)準備」をしなきゃ!

  と無意識のうちに感じて、
  手が余計な動きをしてしまう場合があります。

余計な動きとは、
 「ジャンプ」してしまうコト。

ジャンプしてしまうと、
せっかくの「閉じる動き」で自然な「dim.」をしていたのに、
 音が飛び上がってしまいます。

一つ一つの打鍵で、どんな音が出ているのか、
よーく聴いてみましょう。

鍵盤に触れる指先に
 「耳」が付いていると思って。

 

音程が開く時は、
ものすごーく「気」を配ってあげましょうね。

声を出して歌うなら、

金管楽器で、このように音程が開く時は
 どのように吹くだろう?
(金管楽器をやっている生徒には、
 この説明が非常に有効です)

是非、そのように考えてみてね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。