● どこを聴くべきか?

 

こんな音の動きの時、
あなた様なら、「どこ」を聴くでしょうか?

「どこに、より重心をおいて」聴きますか?

 

音の聴き方には、いろいろあります。

例えば、「弾く前にその音を想像して聴く」こと。

そして、「弾いた後の響きを聴き続ける」こと。

これを続けていくと、

常に「これから弾く音を想像して聴き」、
今発している音が、「過去の音になっても響きを聴き続け・・・」
で、「これからの音」と「今の音」と「去りゆく音」とが
常に重なっていて、しかも
次から次へやってくる状態で、

ああもう、一体、どこが一番大事なの???

  っと、大混乱。

 

 

上の画像のような場合です。

こんな時は、
「長く伸ばす音」を聴く。

「長く伸びている音」が、
今まだ伸びて、響き続けている様を聴くことです。

次に弾かなければならない音のことで
頭が一杯ににならないようにね。

打鍵したら、それで意識がなくならないようにね。

木を見て森を見ず には、ならないように。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。