● メロディは、潜んでいるかもしれない

 

この画像のこのフレーズ(あるフレーズの終わりです)、
普通に考えると右手の音がメロディでしょうか。

でも、メロディって、一つとは限らないでしょ?

ポリフォニック(複声/多声音楽)もありますしね。
どの曲も、いつどこに多声で
幾つかのメロディが絡み合っているか、
わかりません。

明らかにポリフォニックな作りではなくても、
「響きの変化」を感じられたら、素敵。

何か、違い、変わって行く事は、ないかしら?

 

さ、どこにあるでしょうね?

こういうのは、どんな曲にあります。

それを出す出さないという話ではなく、
意識するかしないか、

その響きを遠くに / 内側で?/ 違うフィールドで、
 聴いてあげるかどうか?

それだけで、出て来るものに
 大きな差が出るように思います。

それも、聴く人によって
感じ方は違うでしょうけれど、

弾く自分が、それに気付いていたら、
もっと自分が豊かになる 気がしませんか?

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。