● 装飾音も、美しい音楽だ!

 

付点のリズムに入る「ターン」や
少し伸ばす音につく「装飾音」、

これらをどう弾くのか?

ターンや装飾音の弾き方ではなく、
どんなタイミング・ニュアンスで弾くか?

  というお話です。

 

それら素敵な「お飾りの音」を、
どれほど、どんな風に聴いているのか?

 

お飾りの音も、
「ここらに入れとくかー」
なんて気持ちでは、
作曲家さんたちは書き入れていないのでは?

この音に飾り付けしたら、
綺麗だな〜、いい感じだな〜、

と思ったかどうかはさて置き、

そこにふさわしい美しい輝きを、
想像出来たら、素敵だね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。